トピック

お知らせ 2020.09.18

「G Suite」時短&コラボ仕事術 〜チーム内のメインチャットには、スレッド分けできる「チャットルーム」〜 を寄稿しました

業務を効率化してスマートに働くためのG Suite の基本的な使い方やTipsを
『「G Suite」時短&コラボ仕事術』として、INTERNET Watchで連載しております。

28回目の「G Suite」時短&コラボ仕事術 は
“チャットルーム内での会話をスレッド化し、業務の進捗状況確認・管理に活用“

今回は、チーム、プロジェクト、委員会、部署など、決まったメンバーで長く何度もやり取りをする場合にお勧めの「チャットルーム」の作成方法をご紹介します。

詳細は掲載ページをご覧ください。
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/gsuite_tips/1275543.html

 

 

本連載の記事は、G Suite の使い方・活用をレクチャーする動画型eラーニングサービス
「Master Program」より抜粋・再編集したものです。

 

「Master Program」とは?

G Suite の使い方や活用方法をレクチャーする動画型eラーニングサービス。
操作方法にとどまらず、G Suite を活用した企業のコラボレーションや生産性向上のためのレクチャーも用意しており、1アカウントあたり初期費用360円(税別)+年間360円(税別)で導入可能。
G Suite の機能追加などに伴う新規レクチャーも逐次追加しており、G Suite 導入企業における社員教育や利用マニュアル整備などの手間が削減されるのが大きなメリットになります。

https://www.master-apps.jp/master-program

教育機関向け Chromebook サポートサービス Master Education
ストリートスマート_海外拠点G Suite導入